各種遺伝統計学的分析法の特徴

遺伝統計学的分析法には種々の方法がある。それぞれには特徴があり,対象とする集団,遺伝的危険度の程度,それによって得られた結果が染色体上の広い範囲で陽性になるかどうか,などに大きな違いがある。また,相関分析などには構造化問題という大きな問題があり,それを解消するために色々な工夫(TDT,家系内相関解析など)がなされている。

解析の種類 適する対象集団 遺伝的相対危険 構造化問題 陽性領域
Parametric連鎖解析 少数大家系 高い 小さい 広い
Nonparametric連鎖解析 多数小家系 中-低い 小さい 広い
TDT,S-TDT 多数小家系 低い 狭い
連鎖不平衡解析 多数の患者と対照者 低い 中-大 狭い
相関分析 多数の患者と対照者 低い 狭い
家系内相関分析 多数の患者と家族 低い 狭い


[形質マッピングホームページTOP]